ミネラルウォーターのことを知ろう! ミネラルウォーターの性質と影響

ミネラルウォーターとは

ヨーロッパの基準

ところで、ミネラルウォーターの大量消費地であるヨーロッパではどのような基準があるのか見てみましょう。ヨーロッパでは、地下水の硬度が高く、飲用として適さない水源があることから、飲用に適したミネラルバランスを持つ水をボトリングし、販売された、というところにその起源があります。


日本やアメリカで呼ばれているミネラルウォーター類は、殺菌処理は施されているものをそう呼んでいますが、ヨーロッパで呼ばれる「ナチュラルミネラルウォーター」は、まず、公的機関の審査と承認を受けたものでなければならず、また、採水されたものに手を加えない、ということが前提になっています。


そのため、その採水地や周辺の環境保全が積極的に行われており、様々な汚染から完全に隔離されている水源であり、水の温度、性質が安定している、ということが条件になっています。


人為的な加工を施すことが無い状態で、ミネラルバランスが良く、人体に有効なミネラル成分を一定量含んでいる、人体に悪影響を及ぼさない生菌が正常範囲値内であること、飲用することで健康に有用に働くことが、医学、科学、臨床学的に証明されている、地下の採水地から直接採水され、空気に触れることがないように直接ボトルに詰められる、容器は2リットルまで、ということも条件となっています。


ただし、ヒ素、マンガン、鉄、硫黄などの除去、分離など一部の加工は認められています。


ナチュラルミネラルウォーターの他に、一箇所の地下水源から直接採水し、添加物を加えることが無い状態でボトリングされる水のことをスプリングウォーター、濾過、熱処理、ミネラル添加など人為的な加工を施した水をプロセスドウォーターという分類があります。