ミネラルウォーターのことを知ろう! ミネラルウォーターの性質と影響

ミネラルウォーターとは

ミネラルウォーターの種類

農林水産省の「ミネラルウォーター類の品質ガイドライン」においては、「天然」「自然」などの用語が表示できるのは、ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーターのみとなっています。これ以外のものは、飲料水、ボトルドウォーターと記載することとしています。


ナチュラルウォーターは「特定の水源から採水された地下水を原水」とし、かつ「沈殿、濾過、加熱殺菌以外の物理的、化学的処理を行わないもの」のことを指しています。


そのナチュラルウォーターの中でも特に、「地表から浸透し、地下を移動中又は地下に滞留中に地層中の無機塩類が溶解した地下水を原水としたもの」に関しては、「ナチュラルミネラルウォーター」と記載することができるとされています。


ナチュラルミネラルウォーターの中には、「天然の二酸化炭素が溶解し、発泡性を有する地下水を含む」とされていて、天然の発泡水や微炭酸水もこの中に含まれています。その際は、二酸化炭素を含んでいることを表示する必要があります。


また、品質を安定させる目的のために何種類かのナチュラルミネラルウォーターがブレンドしてあるもの、ミネラル成分を人工的に加工助剤として使用したもの、フレークス現象防止のためにミネラルを一部取り除いたもの、ばっ気処理(液体の中に空気を送り込こむ処理方法)をしたものをまとめてミネラルウォーターと呼んでいます。


前項で述べたナチュラルミネラルウォーター、ナチュラルウォーター、ミネラルウォーター以外のものは、飲料水、ボトルドウォーターと記載することとしています。