ミネラルウォーターのことを知ろう! ミネラルウォーターの性質と影響

いろいろな水

アルカリイオン水

アルカリイオン水とは何でしょう。


電解水の一つで、水を電気分解することによりアルカリ性を示した水のことと言われています。他にアルカリ還元水、電解機能水とも呼ばれています。最近では、機能水の一つとされ人気が高まっています。反対に、電気分解で酸性を示す水は酸性水と呼ばれています。


水道水でもミネラルウォーターでも、とにかくアルカリイオン化された水のことをアルカリイオン水と呼んでいるようです。人の肌は弱酸性で、体内は弱アルカリ性に保たれています。一般的な水道水は、平均7.6、アルカリイオン水はph9.5が適値と言われています。


どうやって作られるのかというと、水中には、陽イオンと陰イオンが存在しています。


特殊な膜で二つに仕切られた電解槽に、それぞれ陽極、陰極となる電極が設置されています。それぞれの電極にプラスとマイナスの直流電力を流します。すると、陰極側には陽イオンが、陰極側には陰イオンが集まります。


塩化物イオン、硫酸イオン、炭酸イオンなどの陰イオンは陽極に、マグネシウムイオン、カルシウムイオン、ナトリウムイオンなどの陽イオンは陰極側に引き寄せられます。つまり陰極側にアルカリ性を示す水が集まります。これがアルカリイオン水です。


陽極側に集まった水は酸性水です。アルカリイオン水が出来る時には同時に酸性水も出来るのです。アルカリイオン水は、胃腸の症状を改善する効果が明らかになっており、慢性下痢、便秘、消化不良、胃腸内異常発酵、制酸などに有効と言われています。


また、料理に使用するとまろやかな風味に仕上がり、身体にやさしい水とも言われています。