ミネラルウォーターのことを知ろう! ミネラルウォーターの性質と影響

水道水

水に含まれている物質(その1)

水道水には、塩素が含まれています。浄水場で消毒する際に使用し、水道が家庭に配給されるまでに細菌が繁殖しないようにするために役立っています。


「塩素」は、水道法によって、0.1ppm以上の濃度を保つように決められています。上限は特に定められていません。「ppm(parts per million)」とは、濃度を表す単位で、100万分のいくら程度にあたるかを示しています。水道水1リットルに0.1mgの塩素が入っていると0.1ppmの濃度になります。


日本の大都市では、1.0~1.5ppm、地方都市では、0.4~1.0ppmと、水道法の基準はクリアしているものの、諸外国と比べても比較的高濃度であると言われています。


諸外国では、残留塩素濃度の上限を定めている国も多くあります。日本では、河川水を原水にしているところが多く、またその川もヨーロッパと比べて汚れていると言われています。


また、浄水場では「急速濾過方式」という多量の薬品と塩素によって水を浄化しています。これらの理由から、塩素が高濃度になってしまうのが現状です。現在では、この「急速濾過方式」が疑問視されています。


また、この残留塩素が人の体に様々な影響を及ぼすことが次第に明らかになってきました。


塩素は揮発性の高い物質です。約15分の入浴、シャワーで呼吸から吸い込まれる揮発性の塩素の量は、塩素を含む1リットルの水道水を飲むことと同じ量を摂取していることになる、というデータもあります。


また、塩素は、生野菜などに含まれてしまうビタミンを洗っているうちに壊してしまう、肌や髪を保護しているたんぱく質を壊してしまい、肌への塩素による化学的刺激が強くなる、かゆみ、乾燥などが確認されています。アトピー性皮膚炎の人は肌への刺激を特に感じるようです。