ミネラルウォーターのことを知ろう! ミネラルウォーターの性質と影響

ミネラルウォーターに関して

飲み方

健康の為に飲まれることも多いミネラルウォーター。


健康の為に飲用するには、一日1L~2L飲用するのが良いと言われています。しかし、がぶ飲みは逆効果です。水を大量に飲用すると胃酸を薄めます。食前の大量飲用は、その後の食事の消化能力を弱くしてしまいます。


人の身体が一度に飲用して吸収できる水分の量は、200ml程度と言われています。健康目的で飲用する際には、少しずつ、小まめに分けて飲むようにしましょう。


一日の活動の中で、水分が体内に常に適量維持されていると、代謝アップや肌の乾燥防止にも役立ちます。特に暑い季節は、強い日差しや高温で、また室内の冷房で、体内の水分が不足し、そのため肌も乾燥しがちになります。


汗をかくので、一見湿っているように見える肌ですが、実は汗が皮膚上からなかなか蒸発せずに残っているからそのように見えているだけで、塩分を含む汗により乾燥や肌トラブルに敏感な状態になっています。


日焼けもしやすくなります。水分が十分に足りていて潤っている肌は、日焼けしにくく、また日焼け後の炎症も少なく抑えることができます。


また、開栓前のミネラルウォーターを、栓を開けていないからといって、暑い場所に平気で置きっ放しにしていませんか。ミネラルウォーターも食品ですから、直射日光が当たるような高温場所での保存は避けた方が良いでしょう。強い匂いがする食品の近くに置くのも避けた方が良いでしょう。


また、海外からの輸入製品の中には無殺菌のナチュラルミネラルウォーターもありますので、開栓したらその日の内に飲み切るか、残りは冷蔵庫で保存するなど保存方法に留意する必要があります。