ミネラルウォーターのことを知ろう! ミネラルウォーターの性質と影響

ミネラルウォーターに関して

硬度

水の硬度は、その水に含まれているカルシウム、マグネシウム、塩の濃度によって計算されています。総硬度は、マグネシウム濃度+カルシウム濃度で表現され、一般的に、硬度が高い水を硬水、低い水は軟水と呼ばれています。


計算方法は、国によっても違いがあり、アメリカ硬度計算法、ドイツ硬度、フランス硬度、イギリス硬度などがあります。世界保健機関(WHO)では、アメリカ硬度計算法に従って計算されており、硬度0~60未満を軟水、60~120未満を中程度の軟水、又は中硬水、120~180未満を硬水、180以上を非常な硬水と分類しています。


ヨーロッパなど石灰質の地中を長い時間をかけて流れてくる地域で採水された水は硬度が高く、日本のように、比較的地中に滞留している時間が短い地域の水は、軟水であるものが多い傾向があります。


硬度が高い水は、せっけんの泡立ちを抑える働きがあります。また、やかんや電気ポット、加湿器等で水を沸騰させた時に、器具内部に白い粉が付着することがあります。これは、水が蒸発したことで、その中に含まれているミネラル分が析出したもので、スケールと呼ばれています。


元々軟水が多い地域で生活してきた日本人にはミネラル分が多い硬度の高い水は、その独特の風味が合わないことも多く、そのため、東京都水道局の水道水質基準では、硬度は、1Lあたり300mg以下となっており、目標値としては10~100mgと設定されています。平均では60mgと言われています。