ミネラルウォーターのことを知ろう! ミネラルウォーターの性質と影響

ミネラルウォーターに関して

原水の種類(その1)

ミネラルウォーターの元となっている水はどこから来るのでしょうか。ペットボトルの記載面を見ると、鉱泉水、伏流水など、商品によってそれぞれ違いがあることが分かります。


農林水産省の「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」による原水の種類は、7種類あります。浅井戸水、深井戸水、湧水、鉱泉水、温泉水、伏流水、鉱水です。


「鉱泉水」は、「自噴する地下水のうち、水温が25度未満の地下水であり、かつ溶存鉱物質等により特徴付けられる地下水」とあります。つまり、鉱物質を多く含む地下水ということです。


「温泉水」は、「自噴する地下水のうち水温が25度以上の地下水、又は、温泉法第2条に規定される溶存鉱物質等により特徴付けられる地下水のうち飲用に適したもの」となっていて、鉱泉水と温泉水はその温度の違いによって分けられていると言えるでしょう。


「伏流水」は、「上下を不透水層にはさまれた透水層が河川と交わる時透水層内に生じる流水」。水を通しにくい層に上下を阻まれて、その中間に水がたまりやすい層となった場所に流れている水です。


「鉱水」は、「ポンプ等により取水した地下水のうち溶存鉱物質などにより特徴付けられる地下水」となっています。


「湧水」は、不圧(自由面)地下水、被圧地下水の区分によることなく、自噴している地下水」とあります。つまり、地下水が、自然に地表面に湧いてきた水、ということです。


浅井戸水は「浅井戸からポンプ等により取水した地下水」、深井戸水は「深井戸からポンプ等により取水した地下水」となっています。浅井戸水、深井戸水については、次の項目で詳しく見ていきましょう。